Ice Cocoa NeillyTaisyou Roman 6 Katie

2020年07月04日

Taisyou Roman 5 Katie

orange_pekoe_1_2020_7_4_IMG_3421


orange_pekoe_2_2020_7_4_IMG_3400
orange_pekoe_3_2020_7_4_IMG_3465
orange_pekoe_4_2020_7_4_IMG_3482
orange_pekoe_5_2020_7_4_IMG_3543
orange_pekoe_6_2020_7_4_IMG_3569
orange_pekoe_7_2020_7_4_IMG_3596
orange_pekoe_8_2020_7_4_IMG_3640

Taisyou Roman Katie

大正浪漫 ケイティ


この前、キャラクタードールをコーデ撮影してみて、

コーデの楽しさを再認識しました。

只、ブログ的には余り人が来ませんが。


この前、春アニメの「イエスタデイをうたって」が終わりました。

春アニメは中止になったものが多かったですが、

残ったものの何作かは面白かったです。


「イエスタデイをうたって」は、

裏に2期が決まった、

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」がなければ、

もっと沢山の人が見ていたかも知れません。

只、「イエスタデイをうたって」は、恋愛ものなので、

恋愛した事のない人にはつまらないかも。


主人公リクオは大学時代に振られた相手、榀子をモヤモヤと思い続けているのですが、

その榀子の方は、性格は悪くないけど、優柔不断な所があります。

ある日、リクオはカラスを連れたハルと出会います。

ハルは昔リクオに一目惚れをしています。ハルは榀子の元教え子だったりします。


この作品の注目点は、

有耶無耶の関係でいたがる榀子が選ばれるか、

一途なハルが報われるかでした。


正直な話、一度振った相手とは縁を持ってはいけないと個人的に考えるので、

ずっとハル目線でお話を見ていました。


一応の結果が出る訳ですが、人生はそれからが長いのです。

この「イエスタデイをうたって」の結末に幸多からん事を願い。


撮影・iPhone クロームフィルター使用 LEDライト7 蛍光灯100W


orange pekoe  (ペコ)

2020.7.4
http://orange-pekoe.blog.jp



monciel at 00:00│Comments(0)ドール | ケイティ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Ice Cocoa NeillyTaisyou Roman 6 Katie