mermaid a・la・mode 4 YuzuhaTaisyou Roman 3 Katie

2020年06月27日

Ice Cocoa Fuuka

orange_pekoe_1_2020_6_27_DSC04081


orange_pekoe_2_2020_6_27_DSC03830
orange_pekoe_3_2020_6_27_DSC03868
orange_pekoe_4_2020_6_27_DSC03905
orange_pekoe_5_2020_6_27_DSC03948
orange_pekoe_6_2020_6_27_DSC03968
orange_pekoe_7_2020_6_27_DSC03992
orange_pekoe_8_2020_6_27_DSC04027

Ice Cocoa Fuuka

アイス ココア ふうか


大河ドラマ、「麒麟がくる」は好評のまま、

新型コロナウイルスで中断状態になりました。

だからと言う訳ではないんですが、

何故か話題にならない日本史上の人物にスポットを当ててみたいと思います。


大和朝廷の成立の過程もよく分からないのですが、

大和朝廷の前に邪馬台国があった事は確かなようです。


邪馬台国と言えば、畿内説や九州説で賑わっていますし、

大河ドラマに「卑弥呼」を推す人も多いです。


今夜の歴史のロマンは、卑弥呼ではなく、

卑弥呼の後を継いだ、「台与」の事です。

「とよ」と読むのか、「いよ」と読むのか定まっていませんが、

注目すべき所は「台与」の年齢です。


「台与」は卑弥呼の跡を13歳で継いだとされる女性なのです。

と言う事は、古代日本は、今の中学1年生ぐらいの少女が、

頂(いただき)にいた事になります。


シャーマニズムの関係かも知れませんし、

鎌倉時代ぐらいまでの日本人の平均年齢は30歳ぐらいだったので、

13歳と言う年齢は驚くべきものではなかったのかも知れません。


かの「源氏物語」でも、光源氏は紫の上を母に似てると言う理由で、

10歳ぐらいの若紫(紫の上)(当時は数えなので、実際には8歳のはず)

を見初め、少し育てたあと、新枕が14歳あたり。


主題に戻り、「台与」は少女王だった訳なので、

Fateに、少女王として登場してもおかしくないですね。

性別を変換する必要もないし、

英雄王(アレクサンドロス大王)や征服王(ギルガメッシュ)が出るのだから、

少女王(台与)がいてもいいと思いました。


参考・

アレクサンドロス大王・紀元前356年頃

ギルガメッシュ・紀元前2600年頃

台与・235年頃

(卑弥呼・台与の時代が神功皇后と被ります)

推古天皇(女性)554年~628


少女王は他にもいて、

スウェーデン女王のクリスティーナが6歳で即位しています。

映画「王となった少女」にもなっていたりしますね。


卑弥呼の存在が史実で確定しているので、

台与もほぼ存在したと確定していいと思っています。

日本には13歳の少女王がいたと言うのもロマンチックですし。


orange pekoe  (ペコ)

2020.6.27
http://orange-pekoe.blog.jp



monciel at 00:00│Comments(0)ドール | ふうか

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
mermaid a・la・mode 4 YuzuhaTaisyou Roman 3 Katie