Olive 2 LyceeSwan 1 Aika

2019年07月14日

Ice Cocoa Jun Naruse

orange_pekoe_1_2019_7_14_DSC01054


orange_pekoe_2_2019_7_14_DSC00930
orange_pekoe_3_2019_7_14_DSC00974
orange_pekoe_4_2019_7_14_DSC01028
orange_pekoe_5_2019_7_14_DSC01081
orange_pekoe_6_2019_7_14_DSC01111
orange_pekoe_7_2019_7_14_DSC01153
orange_pekoe_8_2019_7_14_DSC01232

Ice Cocoa Jun Naruse

アイス ココア 成瀬順


キャラクタードールと言うのは本当に選ぶのが難しくて、

まず該当の作品が好きな場合と、ビジュアルが気に入った場合に分かれます。

好きなキャラクターでもドールに出来ない子もいますね。

例えば、メイドインアビスのナナチとか。


先日、録り溜めていた「君の名は。」を数年ぶりに見ました。

かなりの部分を忘れていたんですが、ある事に気付きました。

それは、視聴率の低下でも分かる事なんですが、

何度も繰り返して見たい作品ではなかった所です。


新海監督は話作りと光の処理が上手い方なんですが、

君の名は。は醒める世界に位置するものだと感じてしまいました。

初恋や恋愛は破壊力がありますが、醒めて行く事が多いのです。

ですから、新海監督の作品の場合、ガチなのは秒速5センチメートルです。

但し、本当であるが故に塩っぱいですが。


商業的成功と現実は乖離した所にある場合が多く、

それ故、クリエーターは安易なHappy Endで〆てしまいます。


そんなの関係なしに、やりたい事をぶち込んで来たのが、

宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」だと思っています。

正直言うと、千尋が現実に戻る以外は夢の中の世界の出来事に等しいです。

夢って辻褄なんていらないでしょう。


醒めない夢を共有する相手が比翼の鳥で、

醒める夢を共有するしかなかったのが雲の鳥なんでしょうね。


orange pekoe  (ペコ)

2019.7.14

http://orange-pekoe.blog.jp


monciel at 00:00│Comments(0)ドール | じゅん

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Olive 2 LyceeSwan 1 Aika